元々『仕事場・工房・作業場』という意味を持っていたワークショップ。

近年では、問題解決やトレーニングの手法として、グループであるテーマについて学びあったり、理解を深めたり、新しい行動のきっかけを創出する場としても用いられています。また、ものづくりに携わる方々が、その技術を見せる場ではなく、その技や創作過程を参加者に実際に体感してもらい、体験することによって得られる感動から学びや新しい活動へのヒントを相互に得る時間にもなっています。私も今まで様々なワークショップに参加させて頂きました。ワークショップについては開催者としてではなく、参加者としての立場で関わることがほとんどでした。

その中で感じたことを基に、私が普段携わっている『教育・人材育成・満足感を与えるホスピタリティ理論』を応用して今回開催させて頂くのが『ワークショップ教育論』。

今回はワークショップを企画・運営する方は『教える・育てる』仕事に携わる方である、というスタートラインから参加する方にとって満足感の高い、また参加したい・もっとみんなに参加してほしいと感じて頂けるワークショップを企画・運営するために役立つ考え方を講義・体感型授業・グループワークなど様々な手法を通じて広げていく時間。

これからワークショップを開催する方、ワークショップを継続して開催したいけれどなかなか集客に苦労しているという方、もっと参加者の満足感の高い質の高いワークショップを目指したいという方、自分のワークショップがもっと参加者の才能を開花するきっかけになってほしい、そう感じておられる方に間違いなくきっかけをお届けする時間。

今回は2013年3月に札幌にオープンした『札幌ものづくりオフィス&カフェSHARE』にて開講。

全5回のプログラムの詳細は以下のリンクからご覧ください。

【第1回】プロローグ:『それって伝わってる?』~伝える・伝わるを体感する時間~

【第2回】『能正流ホスピタリティ論①~満足感を生み出す理論を学ぶ~』

【第3回】『能正流ホスピタリティ論②~実体験から満足感を生み出す分かれ道を探る~』

【第4回】『能正流教育論①~『教える』と『育てる』の違いを考える~』

【第5回】エピローグ:『ワークショップを企画しよう!』~理想を具現化する時間~

参加費:SHARE会員 300円
    一般      600円
※別途ワンドリンクオーダーをお願いします。

今後同様の内容を別の場所でも開催する計画です。
ご興味のある方は、是非ご参加をご検討頂けますと幸いです。

どうぞ宜しくお願い致します。