授業の時に、生徒達には字を丁寧に書こう、綺麗に書くようにしようと言う訳ですが、もちろんどうしてそうするか、そうすることでどんなメリットがあるか、それももちろん説明します。で、実際にそうするといいね、と感じてもらえるようにするんですが・・・

そう言っている先生の字が全く読みにくかったり、雑に書いていたとしたら、全くそのススメも説明も意味のないもの、信ぴょう性のないものになってしまいます。

生徒達にこうしてみよう、こうしてほしいと思うなら、まずは自らやってみる、実際にそれを継続していくこと。私自身が生徒達と接する上で、何事も口にしたり、そう勧めたいと思うのであればまずは自分からやってみることを大切にしています。

写真は昨日作っていた生徒からの質問の解説。
今の時代は便利な時代。自宅で勉強していて分からない問題に出会ってつまづいても、写真を撮ってLINEで送ってもらえばいつでもまた解説を作ってパッと手元に解説を届けられる時代。1998年に塾をスタートした時代は、家の電話だけしかない時代。FAXもないお家が多かったし、さすがに夜中にやり取りはできなかったもんなぁ、と思いつつ今はいつでも出張で札幌を離れていてもどこからでもサポートが簡単にできる時代になったんだなぁ、と時代の便利さを強く感じています。

Eduの塾では、秋から5名程度の生徒募集を行います。
夏休みから体験指導も受付していますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

https://a-education-project.com/edu-no-juku-sapporo